メタルギアソリッド ピースウォーカー
基本情報

メタルギアソリッド ピースウォーカー攻略GEMANI
体験版

メタルギアとはどんなゲーム?

「戦うだけがゲームじゃない。敵から隠れながら進む!」

といった、逆転の発想から生まれた斬新なゲーム。
その起伏に富んだシナリオや緻密人間ドラマ、ストーリーテリング手法が評判になり、大ヒットしたゲームの続編がメタルギアソリッド ピースウォーカー。

隠れテクニックを使い、気付かれずに行動。
コレがポイントだが、撃って撃って撃ちまくる、こんな遊び方もアリかもしれない。

携帯ゲーム機ならではの手軽なオンラインは、前作でも好評だった。
オンライン、マルチプレイでは、仲間が心臓マッサージなどで生き返らせるなど、”絆”を生むゲーム要素が盛り込まれている。

MGSPWの正式タイトルは『MGS5PW』であり、MGSシリーズの正当な続編だというのが発表された。


モードは二種類

MAIN OPSとEXTRA OPS

今回のMGSPWには2つのモードがあり、1つは本編をクリアしていく「MAIN OPS」モード。
もう1つは、この「MAIN OPS」モードをクリアしていくことで追加されていくサブシナリオの「EXTRA OPS」モード。
これはミニゲームのようなもので、これをクリアしていくことで本編で使える武器が増えたりもする。

対戦モード

対戦モードはあるのか?

ピースウォーカーには対戦モードはあるそうです。
ピースウォーカーの対戦モードは、協力(Co-op)プレイとは別に用意されているマルチプレイモード。
対戦モードは最大6人まで参加可能で、3対3でのデスマッチなどのいくつかのルールが用意されるそうです。

なお、通信中のプレイヤー間コミュニケーションには、予め用意されたメッセージでコミュニケーションをとる方法なども用意されているそうです。

仲間と体力や武器を共有できるCO-OPSリングや心臓マッサージによる蘇生など、本作独自の要素も加わったことで、これまでのシリーズとはひと味違った対戦が楽しめるようになっている。

対戦の種類

・3対3のデスマッチ 両方に分かれて対戦をするモードです。
・基地を守る対戦 自分の基地?を守りながらの対戦です。
・競争対戦 目的地に向かう対戦。

今わかっている対戦の種類です。



ストーリー・舞台

今作の舞台は『メタルギアソリッド3』のから10年後の1974年である。

コロンビアの地で国境なき軍隊を率いていたスネークが、あるコスタリカからの客人に軍隊を持たないコスタリカから非公式な組織(軍隊)を追い出してくれと依頼された。
それに応えたスネークは現地に潜入し、抑止力となる。

今回の作品はシリーズの正統な流れを汲む続編。

軍無き国家×国境なき軍隊

シリーズ新展開の舞台となるのは1974年、中米コスタリカ。
ネイキッド・スネーク=BIGBOSSは、かつての上官ゼロと袂を分かち、コロンビアにて独自に“国境なき軍隊”を組織していた。
そんな彼の前にある時、“軍なき国家”コスタリカからの来訪者が現れる。
冷戦当時、東西のパワーバランスの鍵を握っていたと言われる中南米にて、奇跡的に平和を保っていたコスタリカだが、その各地にて謎の武装集団が不審な動きを見せ始めているという。

“軍なき国家”コスタリカを守るため動き出したBIGBOSSの“国境なき軍隊”。
それこそがまさに、後にアウターヘブンの名で呼ばれることになる組織の前身だった――


メタルギアの歴史

年表
1939年 第二次世界大戦ヒトラー率いるナチスドイツがポーランドに侵攻
1941年 真珠湾奇襲原子爆弾製造マンハッタン計画の開始
1942年 ザ・ボス第二次世界大戦下「コブラ部隊」設立
1945年 広島、長崎に原子爆弾が落とされる
1947年 ザ・ボス「コブラ部隊」解散
1950年 スネークがザ・ボスに弟子入り
1951年 アメリカ・ネヴァダエリア7で地上部隊参加による核実験
「BUSTER-DOG」実施
1952年 アメリカ・「NSA」アメリカ国家安全保障局、設立
1953年 フルシチョフ、共産党第一書記に就任
1954年 ソ連KGB発足
ダレス国務長官、ニュールック政策(大量報復戦略)を発表
ネイキッド、作戦中に被爆し、子を成す能力を失う
後に「恐るべき子供達」計画でクローンが作られる
1957年 ウラル核惨事:ソ連ウラル地方カの「チェリヤビンスク65」で原子力事故発生
この際、200万キュリーの放射能が飛散した。別名、キシュテム事故
1960年 アメリカ、NSA(国家安全保障局)のエージェント 
コードネーム「ADAM」と「EVA」ソ連へ亡命
1961年 ソ連、ユーリ・ガガーリンを乗せた
「ヴォストーク1号」がバイコヌール基地から宇宙へ
アメリカ、キューバと国交断絶。・ ベルリンの壁建設開始
ソ連、ロシア上空の宇宙空間でソ連初の核実験を実施
アメリカ、第五特殊部隊グループ「グリーン・ベレー」編成
(後にロイ・キャンベルが配属される)
1962年 キューバ危機:アメリカの偵察機U2が、キューバ国内にてソ連製ミサイルを発見
米ソ間で全面戦争に備え、核戦争への緊張が高まる
※アメリカへ亡命していたソコロフ、ソ連へ返還
小型核砲弾「デイビークロケット」生産開始
1963年 米ソ間で部分的核実験禁止条約が結ばれる
ジョン‐F-ケネディ大統領暗殺を受け、リンドン‐B‐ジョンソン大統領就任
1964年 <メタルギアソリッド3スネークイーター>
バーチャスミッション:ザ・ボス、ソ連へ亡命(アメリカによる偽装亡命)
スネークイーター作戦:ゼロ少佐率いるForce.Opertion.X(以下FOX)より
ネイキッド・スネークがソ連、ツェリノヤルスクに潜入
かつての師であるザ・ボスの抹殺を命じられる
ネイキッド、シャゴホッドを破壊し、ザ・ボスと死闘を繰り広げる
帰還したネイキッドは「BIGBOSS」の称号を与えられる
オセロットの暗躍により「賢者の遺産」の半分と
グラーニンの設計した「メタルギア」のデータがアメリカ(CIA)に送られる
1965年 ベトナム戦争勃発:アメリカ・ソ連・中国などの介入で、戦火が広がる
シギント、ARPAnetを立ち上げ

MG用語集

 説明書より抜粋

 メタルギア

 核搭載可能歩行型戦車。
 その主目的はさまざまな状況に応じてあらゆるポイントから、世界中に向けて核弾頭を発射すること。

 ビッグボス

 60年代各国を転戦し、生きながら 「伝説の戦士」、 そして、神話的存在になっていた稀代の傭兵。

 強化骨格

 人の戦闘能力を極限まで高める、内装式強化装備。
 人体組織に骨格レベルからサイバネティック・モジュールを 組み込むことにより、驚異的な戦闘能力を生み出す。

 ステルス迷彩

 ステルス技術の枠を集めた新型迷彩。
 光化学式迷彩ともいう。
 オンラインで使うと間違いなく嫌われます。

メディアインストール

メタルギアソリッドピースウォーカーではメディアインストールがあります。
メディアインストールはスモールバージョン(330MB)とフルバージョン(880MB)があるようです。

メディアインストールを行うと、「ゲーム中のリアルタイム無線がフルボイスに」、「ゲームの読み込み速度の高速化」といったメリットがあるようです。

初プレイ前にぜひインストールをしてから遊んでみてください。

デモシーンについて

今回のMGSPWでも、シリーズおなじみのデモシーンが多く収録されています。
このデモシーンでは、体験版でもわかるように自分が操作できるシーンがたくさんあるらしいのです。

例えば、あのトレイラーの中に出てくる城みたいな所。
巨大で飛んでくるやつと戦うときに、デモシーンで自分がロケランを操作して攻撃できるらしいんですよ。

デモを見るだけではなく、体感できるから楽しみも増えますね。

予約特典

ローソン予約特典はステルスガンのロック解除パスだ

ローソンでピースウォーカーを予約すると・・・
なんとローソンオリジナルTシャツ兵とステルスガンのロック解除パスワードが限定で付いてくるんです!!
ステルスガンはCO-OP専用だそうです!

みんなに自慢できるかも?

クリア時間と難易度

クリアまでに何時間?

小島秀夫さん曰くクリアに何百時間もかかるゲームらしいです.

難易度設定は?

今作では難易度設定は1種類のみ固定となっている。